iPhoneの将来展望について

subpage01

かつてはスマートフォンの先駆けとして登場したiPhoneも、今では様々なメーカーが同類機種が発売されています。



そのため全盛期に比べてiPhoneもここ数年は伸び悩みが続いていると言えます。
先ごろ発表されたiPhoneの売上は、中国を除いては横ばいかそれ以下の売上となり、実際の数字がその停滞ぶりを裏付けています。iPhoneは年を追うごとに薄型・大型化あるいは処理速度の高速化など、そのスペック部分の改良は大変好評を博してきました。

お客様に相応しい朝日新聞デジタルの情報といえばココです。

しかし特に日本においては昨今の円安の影響から販売価格が高止まりしています。

また比較的高い通話料金に対してもユーザーの注目が格安スマートフォンに移っているなど、さまざまな点でiPhoneにとっては不利な状況が続いていると言えます。



加えて、日本政府は販売元の大手通信社に対して、過度の値引き競争を回避するよう通達を始めました。こうした状況を受けて大手通信社も家族と一緒に加入することで割引を敷いたり、また学生に対するパケット利用枠の拡大など、以前とは違った形でユーザーにお得感を与えようと様々なキャンペーンを打ち出しています。


それでも、やはりユーザーが感じる割高感を拭うことは難しく、年を追うごとにより料金が安い通信社と機器に移行していることが現状と言えます。


今後の鍵としては、まだスマートフォンの浸透率が低い中国などの途上国での販売を睨みつつ、日本や米国での既存ユーザーをいかに保持するかが重要となります。